旅行に行く時やイベントがある時に気になるのが、雨女の存在です。雨女と噂される人が参加をすると、凄い確率で雨が降ります。それに対して、晴れ女と噂される人が参加をすると晴れる確率が高く、雨女と晴れ女というのは実在するものではないかと感じることが多々あります。

ただ、どちらも記憶の問題なのは理解をしています。雨女と噂される人と出かけた時に、実際に雨が降った場合、その記憶が強くなり、晴れた場合は記憶に殆ど残りません。こうしたことの積み重ねが、雨女と晴れ女を生み出してます。記憶というのは、本当に都合の良いものです。

ただ、そんな記憶の都合の良さを理解していても、参加をすれば恐ろしい確率で雨になる人というのは存在します。それも、旅行やイベント毎に参加をする時に限って、雨になります。記憶が都合よく書き換えられている可能性もありますが、それでも確率が高すぎるなと感じることが多く、心の何処かでは雨女は実在するのではないかと考えることがあります。

仲介手数料が安い物件といってもそれは悪いことしかないわけではないです。それは決して、デメリットはない、ということはよく理解しておきましょう。仲介手数料は交渉次第で安くなることもあります。とにかく早く契約が欲しいとかそうしたことが特別にある場合もあるからです。もちろん、そんなことはこちらではわかることはありませんから、とりあえず交渉してみる、という程度の話しでよいのです。仲介手数料自体、大家側が支払う、とできる場合もあります。そのくらいしても借りてくれる人を見つけたい、ということも物件次第ではありますから、それは考えて見る価値があるといえるでしょう。不動産の手数料なのですが家賃の1ヶ月というのが相場です。相場はあるのですがこれは上限ということでもあり、別に下限はいくらでもよいのです。そうしたことがありますから、意外と柔軟になっているところもありますのでそうしたところを狙うとよいことでしょう。