アメリカドラマ「リベンジ」シーズン3の第20話「革命」を見ました。

エイダンに脅しをかけるコンラッド。主導権を握りたいエミリーたちがたてた計画は、なんと国土安全保障省の捜査員になりすますという作戦でした。スーツをビシッと着こなしたエミリー、さすが様になっていてかっこいいですね。パスカルはだませたでしょうか。パスカルも相当にあくどいことをしてきたと思いますが、娘のマルゴーのことは本当に愛していたのでしょう。だからこそあんな最期は本当に気の毒だなと思ってしまいました。

コンラッドもしれっとした顔をしながら余裕が無くなってきたらしく、ついに自分の手を汚してしまいましたね。今回のヴィクトリアはただただ愛する人を亡くして嘆き悲しむ一人の女性といった感じで、かわいそうでした。

そして、山小屋にいた男性が何者なのか気になります。シャーロットはか弱い存在なのに、妙に行動力だけはあるのでハラハラします。あと、ハビエルが捨てられるのは予想通りの展開でしたが、やけっぱちになって何かしでかさないか心配になりました。フレシャス キャンペーン